『BLUE GIANT』3巻・4巻のネタバレと感想!楽器一つで世界を目指す現実派マンガ

『BLUE GIANT』3巻・4巻のネタバレと感想!スマホで簡単無料試し読み♪

こんにちは!
今回のネタバレ漫画は「BLUE GIANT」です♩

BLUE GIANTは宮城県仙台市に住む高校生・宮本大がある日聞いたジャズの曲に雷を打たれ、サックスプレーヤーを目指す物語。

大はどこにいってもひたすらサックスの練習を続けるまっすぐな性格で、さまざまな人と出会いながら苦難を乗り越え、成長していく様が描かれます。

この先ネタバレがあります!
ネタバレ前に無料試し読みをしたい方はこちら!

サイト内で「BLUE GIANT」と検索!
↓ ↓ ↓
『BLUE GIANT』を無料立ち読み

『BLUE GIANT』3巻のネタバレ

3巻では、主に大の師匠である由井とのレッスンが描かれる。

ストーリーは大の文化祭での演奏の大成功から一度は失敗したバンドでの演奏への再挑戦へと進んでいく。

共鳴を始める大の演奏
1巻ではジャズという音楽ジャンルの難しさや、なかなか周囲に理解を得られていない様子が多く語られていた。

歌詞がないことも多く、Aメロ、Bメロ、サビなどのわかりやすい展開がないこともあるジャズは確かにわかりづらい。

僕自身音楽は好きだけれど、ジャズを聴くときは決まって音楽に集中できる時だ。深夜車を運転している最中や、家族が寝静まった後、リビングで1人で酒を飲んでいる時だ。

それ以外の時はやはりわかりやすいポップスやロックを聴くことが多い。聴き流してもそれなりに楽しめるからだ。

でも、ジャズは違う。神経を研ぎ澄まし、一音一音、そしてその旋律に集中しないとのめり込めないのだ。

3巻では、大の演奏が周囲を動かしていく様子が描かれる。

まずは文化祭での演奏。

大トリのロックバンドの前座の位置に演奏した大だったが、その音は会場の生徒達を瞬く間に魅了していく。

そして、最後にはピアノを弾く音楽教師・黒木を迎えての校歌演奏。

会場中が一丸となり、校歌の大合唱が始まるシーンは鳥肌が立つ。

それまで音楽教師の黒木の授業は退屈で生徒からの評判もあまり良くなかったようだが、文化祭での演奏を機に彼女への生徒達の評価も一変する。

今まで大と張り合い、ジャズや彼のことをバカにしていたロックバンドのメンバーも、演奏を聴いたことで、自分達の出演を取りやめる。

音の聞こえない演奏が、周囲と共鳴を始め、光の当たらなかった場所を照らし始めるのだ。

初めての作曲
また3巻では18歳になることを機に、大が初めての作曲にチャレンジする。

誕生日を祝う曲、想いを寄せる三輪のための曲を作ろうとするが、なかなかうまくいかない。

そんな時、土手で演奏する大をたまに訪れる本村が飼っていたバーナムという犬が車に轢かれて死んでしまう。

大は『バーナムラブ』という曲を作り、本村に聴かせる。

本村は目をつぶり、大の演奏に涙する。

そして、最後には以前大失敗したバンド演奏への再挑戦が始まるところで3巻は幕を閉じる。

大自身が1人の演奏家として成長し、彼とジャズという音楽が周囲に与える影響が大きくなってきたのを感じさせながら、物語は4巻へと続いていく。

⇨『BLUE GIANT』を読んでみる
↑ ↑ ↑
サイト内で「BLUE GIANT」と検索

『BLUE GIANT』4巻のネタバレ

3巻は、上京を決意した大がバンド演奏に再挑戦するところで終わった。舞台はもちろん前回と同じバー『バード』。

仙台を離れる彼には片付けておかなければならない問題があった。

それが、前回の演奏時に大を全否定した客を呼び、彼の『度肝を抜く』ような演奏をすることだった。

*その客の名前は忘れてしまったが、『バード』の出資者であり、静かなジャズを好むオジさんだ。

見事な演奏を披露し、そのオジさんにギャフンと言わせた大(この時の演奏のシーンもかなり圧巻だ)。

状況の決意が固まり、家族や師匠の由井との別れのシーンが描かれる。

どちらも感動的なシーンだが、僕はどちらかというと由井との別れの場面が好きだ。

どうしても一流プレーヤーとしての『花』は咲かせられなかった由井。

でも、彼は大の中に小さいけれど、たしかにプレーヤーとしての『花』が咲いていることを認める。一度はジャズを嫌いになりかけた由井だったが、大に会い、指導する中でジャズへの愛が戻ってくる。

そして、由井は大に握手を求めながら言う。

「ありがとう、大。お前のおかげで、オレは少しだけまたジャズが好きになった。仙台を離れるお前にオレは一つだけ願う。お前はずっと、ずっとずっと…ジャズを好きでいろよ」

感動的なだけではなく、これから大が立ち向かう世界の厳しさを感じさせる言葉だ。

変化する戦いの舞台
晴れて東京に上京した大だが、最初はもちろんうまくいかない。

住む家は見つからず友人の家に居候。

サックスを練習する場所もない。

当然金もない。

仙台ではバンド演奏を成功させ、師匠や家族、高校の音楽教師らに認められていた大だったが、戦いの舞台が東京に変わったことで全てが振り出しに戻ったような印象を受けた。

RPGで言うとボスを倒して次の世界に行ったら、雑魚キャラですら強く感じた、というような印象だ。

こういった戦う舞台の変更をうまく繰り返していくことで、主人公の成長と挫折を交互に演出し、物語は盛り上がっていく。

オッサンには眩しいキラキラした貧しさ
あと、4巻で個人的に好きなのは大の東京生活の貧しさだ。

物語の中では『貧しさの辛さ』が多く描かれる。例えば、東京には店がいっぱいあるが、お金がない大にはどこにも入ることができない。また、サックスのメンテナンス代の支払いも大変だし、住む場所も友人の家に居候。バイトも寿司屋と工事現場の掛け持ちだ。

大はお金がない東京生活の辛さのリアルを感じる。

でも、それらが僕のようなオッサンにはキラキラしてとても眩しいもののように見えた。

何にもない大は、全てに感謝し、とにかく前に進むことしかないのだ。それが、仕事上のそれなりの立場も(当然収入も)家族もいる僕のようなオッサンからはとても眩しく見えてしまうのだ。

羨ましいのではなく、眩しいのだ。

「世の中にはできないことなど何もないし、やりたいことがあったらまずは深く考えずにとりあえずやってみりゃいいじゃん。どうせ失うものなど何もないんだし」

大の姿はそんなことを教えてくれる。

そういえば、そんな大からのメッセージは僕が『BLUE GIANT』を読んだ後にすぐにそのレビューをブログに書き始めたことにも関係してくれるのかもしれない。

僕は漫画が面白かったからレビューを書いているのではなく、きっと大の姿に感化されたから書いているのだろう。

4巻の最後、大は雨の日にあるバーに入る。

そこで紹介された店で彼はあるピアノプレーヤーの演奏に心を大きく揺さぶられ、物語は5巻へと続いていく。

⇨『BLUE GIANT』を読んでみる
↑ ↑ ↑
サイト内で「BLUE GIANT」と検索

『BLUE GIANT』3巻・4巻の感想!

 

3巻と4巻は大の仙台での最後が描かれます。

大の師匠となる油井は大のことを技術はまだまだ、としながら「はなっから咲いている」と話します。

東京の生活では、河原演奏で初めてギャラを貰える出来事も。

まだまだ、これからですが大の成長物語は着実に進んでいきます。

⇨『BKUE GIANT』を読んでみる
↑ ↑ ↑
サイト内で「BLUE GIANT」と検索

最新コミックを無料で楽しむ!動画だけじゃもったいない♩

電子漫画サイトでは無料試し読みができるのは有名な話。
しかし、最近の流行りちょっと違います!
動画配信サイトの無料登録を利用して無料で最新の漫画が読めちゃうんですよ。
漫画だけでなくドラマや映画・アニメも無料で楽しめるのでお得すぎるサービスなんです。
動画配信サイトの中でも、「U-NEXT」は特におすすめしたいサービスです。

U-NEXT

ユーネクスト

U-NEXTでは70誌以上の雑誌が31日間無料で読み放題!
無料登録でもらえる600円分のポイントを利用すれば、最新の漫画も読めます!
もちろん、映画やドラマ、アニメも31日間見放題♩