『BLUE GIANT SUPREME』3巻のネタバレと感想!楽器一つで世界を目指す現実派マンガ

『BLUE GIANT SUPREME』3巻のネタバレと感想!スマホで簡単無料試し読み♪

こんにちは!
今回のネタバレ漫画は「BLUE GIANT SUPREME」です♩

BLUE GIANT SUPREMEは前作、宮城県仙台市に住む高校生・宮本大がある日聞いたジャズの曲に雷を打たれ、サックスプレーヤーを目指す物語。

前作「BLUE GIANT」では大の地元仙台での活躍と、上京した後の物語が描かれましたが、本作では活躍の舞台をドイツに移します。

大はどこにいってもひたすらサックスの練習を続けるまっすぐな性格で、さまざまな人と出会いながら苦難を乗り越え、成長していくいきます。

この先ネタバレがあります!
ネタバレ前に無料試し読みをしたい方はこちら!

サイト内で「BLUE GIANT SUPREME」と検索!
↓ ↓ ↓
『BLUE GIANT SUPREME』を無料立ち読み

『BLUE GIANT SUPREME』3巻のネタバレ

大は探していた小柄な女性ベーシスト、ハンナ・ペーターズにやっと出会う。

大がジャムセッションで参加していたジャズクラブにハンナが現れるのだ。

そのように仕向けたのは楽器店店主のボリス。

二人は組むことにする。

ボリスの店の狭い試奏室で二人は猛練習を始める。

大はソロでストリートライブも経験する。

そして

大とハンナの初ライブがセッティングされる。

小さなライブハウスで。

これもボリスの計らい。

そして、ボリスはそこに評論家やレーベルの人たちを集めていた。

その中には’60年代以降のジャズはまともに聴かないという、「黄金期ジャズと較べて、ジャズは死んだ」と思っている親父も居たりして、そのへんの事情はどこの国も同じなのかと思わせて、面白い。

二人の演奏。

100%の共感を得る訳ではないが、少なくとも二人の演奏の力強さ(パワー)を見せつけることは出来た。

二人は首都ベルリンに行くことにする。

 

ベルリンのフロヤさん(大浴場みたいな所)で働く一人の若者が描かれる。

ポーランド出身のジャズピアニスト、ブルーノ・カミンスキ。

彼がジャズクラブで演奏する様子。

叙情的だが力強い演奏。

それを聴く大とハンナ。

この二人とピアニストが新しいグループをつくるであろうことを予感させて、第3巻は終わる。

⇨『BLUE GIANT SUPREME』を読んでみる
↑ ↑ ↑
サイト内で「BLUE GIANT SUPREME」と検索

『BLUE GIANT SUPREME』3巻の感想!

ハンナに自分のを聴かせることに成功した大。

ハンナは大の演奏をとても良かった・・・!と話し、大からの申し出を受け入れることになりました。

3巻のハイライトはハンナと大、2人の演奏。

音楽会の重鎮の集まる小さな演奏上で演奏することになった2人は演奏を成功させ、ハンナは「私初めてD(大)と組んだんだって思った」と話します。

まだまだこれからのバンド。

2人は新しい仲間を探しにベルリンに移動します。

 

また、3巻では大のお金に関する考え方についての話も描かれます。

それは、ストーリーでの演奏で多くのお金を得られてしまったこと。

大は「これは楽だ、楽すぎる」と話します。

これを続けると、自分の音も楽になってしまうと。

「ストリートではもうやらない」と話す大。

全巻を通して、大のお金に関する考え方には本質が隠れているような気がして、注目しています。

⇨『BLUE GIANT SUPREME』を読んでみる
↑ ↑ ↑
サイト内で「BLUE GIANT SUPREME」と検索

最新コミックを無料で楽しむ!動画だけじゃもったいない♩

電子漫画サイトでは無料試し読みができるのは有名な話。
しかし、最近の流行りちょっと違います!
動画配信サイトの無料登録を利用して無料で最新の漫画が読めちゃうんですよ。
漫画だけでなくドラマや映画・アニメも無料で楽しめるのでお得すぎるサービスなんです。
動画配信サイトの中でも、「U-NEXT」は特におすすめしたいサービスです。

U-NEXT

ユーネクスト

U-NEXTでは70誌以上の雑誌が31日間無料で読み放題!
無料登録でもらえる600円分のポイントを利用すれば、最新の漫画も読めます!
もちろん、映画やドラマ、アニメも31日間見放題♩