3人に1人は使ってる!電子コミック市場の拡大が出版業界を救う!?

電子コミックの需要

読書離れが叫ばれる中、実は市場を微増させているジャンルがあるんです!

そのジャンルとは・・・

コミックです!!

2016年のコミック市場(紙+電子)の推定販売金額は前年比0.4%増の4,454億円!

電子コミックの需要

引用元

グラフを見てもらうとわかりますが、紙のコミックやコミック誌は1年で約9%落ち込んでいます。

一方、電子コミックや電子コミック誌の市場は約28%増で漫画を読んでいる人の

3人に1人が電子コミックを利用していることがわかります。

電子コミックが紙媒体を上回るのはもはや時間の問題ですね。

電子コミックが選ばれる訳

改めましてこんにちは!管理人のはるごんです。

28才某地方都市でOL、実家暮らしで彼氏ナシ。

中学生の頃から漫画が大好きで自宅には2000冊の漫画を保管しています!
数年前から床が抜けるんじゃないかと心配になり・・・・

5年前から漫画の9割を電子コミックで読むようになりました。

電子コミックには沢山のメリットと少しのデメリットがあります。

漫画好きだからこそわかる電子コミックのメリットとデメリットについてお話しします。

電子コミックのメリットは?

①場所を取らない(かさばらない)
②好きな時間に漫画を購入することができる(時間の有効活用)
③好きな場所で漫画を読むことができる
④紙のコミックより安い
⑤絶版の漫画や昔の漫画を購入できる
⑥電子コミックでしか配信されない漫画もある
⑦人に知られたく無い漫画が買える

大きなメリットは7つです。

①場所を取らない(かさばらない)

電子コミックは、スマホやタブレット、パソコンなどのデバイスで漫画が読める便利なサービス。
通信環境さえあれば、スマホさえ携帯していれば漫画が読めるんです。
ほとんどの電子コミックサイトでは、購入した漫画はクラウド上で管理されるのでコミック本を持ち運ぶ必要もなければ、保管する場所を確保する必要もありません!

②好きな時間に漫画を購入することができる

電子コミックサイトは年中無休・24時間営業!
早朝でも深夜でもいつでも漫画を購入することができます。

③好きな場所で漫画を読むことができる

②と③は特に重要なポイント!
好きな時に漫画の購入ができ、好きなタイミングで読むことができる!

さらに書店まで足を運ぶ時間も必要ないんです。

電子コミックサイトでは、タイトルや作者で漫画を検索できるのはもちろん、ジャンルや出版社、連載雑誌名などのキーワード検索もできるので、読みたい漫画が決まっている時も、決まってない時でも短時間で読みたい漫画を見つけることができます。

さらにさらに!!

電子コミックでは無料試し読みのシステムがあります。
書店だとビニールがかかってて中身をチェックすることができません。

しかし、電子コミックなら最初の数ページを無料で試し読みすることができるんです。

試し読みしてイメージと違えば購入する必要はありません。

しかも、無料試し読みは一部のものもありますが、1巻丸々無料で読めたり、キャンペーンで3巻まで無料のことも!

④紙のコミックより安い

書店では中々できない、漫画の割引きサービスができるのが電子コミック!
コミック自体の価格が安いのはもちろんですが、各サービス独自のボーナスポイントやクーポンなどがあり紙のコミックより安いです!

⑤絶版の漫画を購入できる

すでに絶版となっている漫画が、デジタル化され配信されていることがあります。
また、絶版では無いけど書店では売っていない昔の漫画も買えるので、幼い頃に読んだ懐かしの漫画を読むこともできます。

また、電子コミックは人気漫画でも売り切れる心配がありません。

⑥電子コミックでしか配信されない漫画もある

意外と盲点なんですが、電子コミック限定で販売されている漫画もかなりあります。
限定コミックなので万人ウケする内容では無いかもしれませんが、これが中々面白いんです!

⑦人に知られたく無い漫画が買える

人に知られたく無い秘密の1つや2つありませんか?

BL/TL/大人コミックなど、あまり他人に知られたく無いジャンルの漫画だって電子コミックならバレずに読むことができます。

私はTLコミックが好きです♪
実家暮らしなので自宅では保管するのに抵抗がありますが、クラウド上に保管されているので安心です。

電子コミックのデメリットは?

①通信費がかかる
②紙の匂いがないので実感がわかない

①通信費がかかる

電子コミックはデジタルサービスなので、どうしても通信費が必要になります。

ちなみにですが、コミック1冊をダウンロードせずWeb上でストリーミング再生した場合のデータ量は約30MB。
約30冊のコミックが1GBのデータ量に相当する計算です。

毎月1冊、2冊読むぐらいなら問題ありませんがWi-Fi環境が無い方やデータ契約が少量の人は注意が必要です。

データ契約が少量でも安心して!

データ契約が少量の人は、端末にダウンロードできる電子コミックサイトを利用すれば問題ありません。
ダウンロードに必要なデータ量はほんのわずか。
Wi-Fi環境のある場所で漫画をダウンロードして、オフラインで読めばデータ量を心配する必要はありません。

漫画を端末にダウンロードできる電子コミックサイトなら、「BookLive」がおすすめです。

②紙の匂いがないので実感がわかない

これは個人的主観もありますが、紙のコミック独特のあの匂いは電子コミックでは感じることができません。
ページをめくる感触もないので、気軽るに利用できる分漫画の重みを感じません。

私自身はあまり感じませんが、「電子コミックは紙のコミックと比較すると内容が頭に入りにくい」と言う意見もたまに聞きます。

電子コミックのメリット・デメリットまとめ

電子コミックは魅力的なツールです。
漫画を読んでる人の3人に1人が電子コミックで読んでいる時代。
数年後には、紙のコミック市場を追い抜くと予想されています。

もちろんメリットばかりではなくデメリットもあります。

しかし、電子コミックの市場拡大のスピードは、デメリットを考慮してもメリットの方が上回ると言う利用者の声が反映されています。

 

 

最新コミックを無料で楽しむ!動画だけじゃもったいない♩

電子漫画サイトでは無料試し読みができるのは有名な話。
しかし、最近の流行りちょっと違います!
動画配信サイトの無料登録を利用して無料で最新の漫画が読めちゃうんですよ。
漫画だけでなくドラマや映画・アニメも無料で楽しめるのでお得すぎるサービスなんです。
動画配信サイトの中でも、「U-NEXT」は特におすすめしたいサービスです。

U-NEXT

ユーネクスト

U-NEXTでは70誌以上の雑誌が31日間無料で読み放題!
無料登録でもらえる600円分のポイントを利用すれば、最新の漫画も読めます!
もちろん、映画やドラマ、アニメも31日間見放題♩